正社員登用への道

期間従業員から正社員はある?

期間従業員の期間という言葉は、ある人にとっては魅力的であり、またある人にとってはとても恐ろしい言葉かもしれません。期間限定の方が気楽でよい、と気楽に構える人もいれば、もっと働きたいのに辞めさせられると悲観的になる人もいるのです。では、期間従業員から正社員になることはあるのでしょうか。

結論から言えば、不可能ではありません。しかし、期間従業員から正社員を目指す人は多く、そのライバル達を出し抜いて社員になれるかどうかはわかりません。職場によっては社員への登用を積極的に行っている会社もありますし、しっかりと正社員への登用にどれくらい力を入れているか確認して応募しましょう。

また、社員として登用したいと思わせる何かを持たないといけません。一番は、責任感でしょう。自分の与えられた仕事をきちんとこなす、何か問題行動を起こさないようにするといった行動をとっていくことで、期間従業員から正社員への道が開けるのです。

可能性はもちろんありますが、気軽に構えていくほど甘いものではないのです。正社員として働くことを夢見ている方は、まず真面目に丁寧に働くことを心がけましょう。そうすれば、期間終了間際に声をかけられるかもしれません。

期間従業員とはどのような働き方か

期間従業員とは企業が忙しい期間だけ、もしくは増産対策に就業期間を限定して直接募集する臨時従業員のことを意味します。といってもド短期バイトとは異なり数カ月から1年くらいといったモノが多いと言えますし、特に自動車工場、電子部品製造工場で勤務する契約社員を期間工と言います。工場での仕事の場合は寮完備で安価に寮に入ることが出来るのが魅力で住み込みの仕事を探している人にはお勧めと言えます。
ただ夜勤がある仕事も多く、勤務時間も8時間もしくは残業がある場合もあるので体力的にキツイ仕事と言えます。ですが期間限定なので仕事内容はさほど難しいモノではないのが特徴と言えますし、特に正社員の様に責任が押し付けられることはないので精神的にはラクで決められて仕事をこなせば給料は結構高めと言えます。それと気になるのは期間従業員から正社員への採用の枠はあるのかという点です。
これについてはチャンスは一応あるけど狭き門と言えます。年齢的なモノもありますし、あと責任感の有無、仕事の出来などを見て社員として欲しいと思える人材でその人も社員になりたいと希望すればということになります。ただ期間従業員を採用するのは仕事量の変動に対応するのが目的で、基本として仕事量が減れば当然期間社員を切ることになります。

カテゴリ

ニュース

2017年08月24日
勤務形態との上手い付き合い方を更新。
2017年08月24日
意外と知らない期間従業員の魅力を更新。
2017年08月24日
正社員登用への道を更新。
2017年08月24日
こんな時には期間従業員!を更新。

カレンダー

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930